川崎・蒲田おすすめグルメ

川崎駅西口・ミューザ川崎「杉作」の牛タンが絶品

スポンサーリンク

川崎駅西口・ミューザ川﨑の牛タン「杉作」

川崎駅西口のミューザ川崎。ラゾーナに向かって左側にある。川崎駅からペデストリアンデッキで繋がっている。

コンサートホール、オフィスに加えて1階には飲食店がある。

中でも見逃せないのが老舗の牛タン店「杉作」。お昼時は行列で待つこともあるが、ラゾーナのレストランほどは混雑してない感じ。狭いながらカウンターにテーブル席、座敷と席数は多いので待ち時間は短い。回転は速いと思う。

通し営業なので、中途半端な時間でも行けるのがうれしい。

基本情報

  • 住所: 川崎市幸区大宮町1310番 ミューザ川崎 141(Googleマップへのリンク
  • 営業時間
    • 平日: 11:30〜22:00(ラストオーダー 21:30)
    • 土日祝: 11:30〜21:30(ラストオーダー 21:00)
  • 定休日: 年末年始のみ

メニュー

  • 牛たん焼 (お新香付): 860円
  • 牛たん大盛 (お新香付): 1430円
  • テールスープ: 430円
  • 麦飯: 110円
  • 麦飯大盛: 165円
  • 牛たん煮込み(15:00〜): 500円
  • 定食
    • 牛たん定食(牛タン、テールスープ、麦飯): 1400円
    • 牛たん定食大盛(牛タン大盛、テールスープ、麦飯): 1970円
  • 昼定食(11:30〜15:00)
    • 昼定食(牛タン、テールスープ、麦飯): 1300円
    • 昼定食大盛(牛タン大盛、テールスープ、麦飯): 1870円

牛たん煮込みは15時からと書いてあるが、それより前の時間でも出してくれるときがある。あまり混んでいなければ店員さんに聞いてみるといいだろう。

定食と単品の値段差

メニューを見るとまず目に飛び込んでくるのが牛たん定食。牛タン、テールスープ、麦飯ということで、「おトクなのかな?」と思うが、実は単品で頼んだときと同じ価格。

牛タン(860円) + テールスープ(430円) + 麦飯(110円) = 牛たん定食(1400円)。

初めて行くのならテールスープ付きの定食をオススメしたいが、「ちょっと節約しようかな」という場合は「牛たん焼きと麦飯」というのもありだと思う。ありよりのあり。

ちなみに、昼定食(11:30〜15:00)は1300円でちゃんと100円お得です。

牛たん焼きと麦飯大盛り

ご飯大盛り(+55円)にしたいけどちょっと贅沢かな、という気持ちでこの日のオーダーは牛たん焼きと麦飯大盛り。1025円。

これだ!

ミューザ川崎 杉作 牛たん焼き

ライスの写真を撮るのを忘れてしまった。大盛りだと大満足だけど普通サイズはちょっと少なめかな、という印象。

牛たん焼きはお新香と南蛮(青唐辛子)の味噌漬けが付いている。ご飯が進みまくり。

メインの牛タンは細かく丁寧な切り込みが入れてある。牛タン自体は弾力のある食感ながら、切り込みのおかげで食べやすい。

しっかり下味がついていて、そのままで美味しい。繰り返しになるが、ご飯が進みまくり。

駅チカで最高の牛タン

川崎駅周辺だと東口の「八たん」やラゾーナの「利休」もあるが、「杉作」は駅からの距離も混雑具合も味もイチオシのお店。

おいしい牛タンが食べたくなったら是非。

こちらもどうぞ
スポンサーリンク
関連カテゴリー
関連コンテンツ
関連記事
post image

ラゾーナ川崎・やまや、フードコート仕様の明太子唐揚げ定食で満腹

post image

川崎駅東口の老舗和食「萬喜」で黒毛和牛のすき焼きランチ

post image

川崎駅東口「萬喜」で日替わりの焼き魚定食ランチ

post image

ウィング川崎「やまや」で明太子・高菜・ご飯食べ放題ランチ

post image

川崎・麺屋利八の週末限定「鶏らぁめん」は鶏の旨味が凝縮された一杯

post image

川崎駅東口のタイ料理「サバイタイタイ」でグリーンカレー

post image

川崎・麺屋利八の「らぁめん」、旨味たっぷりのスープと太麺に唸る

post image

川崎・うどん「麺一滴」で手打ちうどんとサクサク天ぷらランチ