川崎・蒲田おすすめグルメ

蒲田・宮郎(宮元二号店)で二郎系ラーメンを喰らう

スポンサーリンク

煮干しつけ麺・宮元が放つ二郎系、宮郎

蒲田の人気店、煮干しつけ麺・宮元の二号店、宮郎。その名の通り、二郎系のラーメンを出すお店。

宮元についての記事はこちら。

店主の宮元さんが「ガッツリ系のラーメンが好きなんだけど蒲田周辺に好みのガッツリ系ラーメンがないので自分で作った」と雑誌のインタビューで答えていた。周辺の二郎系の店にケンカ売ってる感じがしなくもないが、宮元さん自身が宮郎の厨房に立っていることも多く、決して片手間でやっているわけではなさそう。

2017年6月のオープン当初は長い行列が出来ていたが、10月現在は落ち着いていて平日も週末もそんなに混んでいない。並んでても3,4人程度。宮元のようにいつ行っても大行列という感じではない。

基本情報

  • 住所:大田区西蒲田7-63-9(Googleマップへのリンク
  • 営業時間:
    • (火・水以外)11:00~15:00、18:00~21:00
    • (火)11:00~15:00
  • 定休:水曜

メニュー

ラーメン、汁なしそば

  • ミニ(150g): 750円
  • 並盛り(250g): 800円
  • 中盛(350g): 850円
  • 大盛(450g): 900円

オーソドックスな二郎系

食券を渡す時にコールするスタイル。ヤサイ、アブラ、ニンニクで、選択肢は、無し / 普通 / 増し。マシマシはない。

今回は並盛(250g)に、アブラ、ニンニクをコール。

これだ!

宮郎・ラーメン

中央にのっている茶色いのがアブラ。チャーシューの脂身を刻んだもの。

味はオーソドックスな二郎系。煮干しの宮元ならでは、という感じはあまりしなかった。これといった特徴がないともいえるし、奇をてらうことのない素直な仕上がりともいえる。二郎系を求めている胃袋にジャストミートであることは間違いない。

特筆すべきはチャーシュー。写真だと小さく見えるが、厚みが5cmくらいある。完全に肉のカタマリ。肉塊。

箸で崩せるホロホロ具合が素晴らしい。この日は若干パサパサ感があったものの、スープにつけて食べるとおいしかった。チャーシューは日によって結構ブレがある気がする。

宮郎は優しい二郎

JR蒲田駅周辺だと本家のラーメン二郎・蒲田店やラーメン大・蒲田店もあるが、宮郎は店内もキレイだし二郎系特有の変な緊張感もない。サイズも150gからなので、「そんなにたくさん食べれないよ」という方も安心して入れると思う。

本家二郎はハードルが高いな、という人に是非行ってみてもらいたい。

こちらもどうぞ
スポンサーリンク
関連カテゴリー
関連コンテンツ
関連記事
post image

蒲田・煮干しつけ麺「宮元」の極上煮干しそばがマジで極上

post image

家系ラーメン、川崎・武松家が新たに駅前大通り店をオープン

post image

川崎・仲見世通りのオススメ家系ラーメン、武松家

post image

蒲田「とんかつ檍(あおき)」でロースかつランチの脂身の甘さに唸る

post image

川崎・麺屋利八の週末限定「鶏らぁめん」は鶏の旨味が凝縮された一杯

post image

京急川崎駅近くのラーメン「麻ぜろう」であっさり塩そば

post image

川崎・尻手「いのうえ」煮干しラーメン、バラチャーシュー、替え玉

post image

アトレ川崎「なんつッ亭」黒マー油が香ばしいラーメン