川崎・蒲田おすすめグルメ

川崎駅近くのタイ料理「チャオタイ」でパッポンカリー(シーフード)

スポンサーリンク

川崎駅から地下街を通って「チャオタイ」

仲見世通りの入り口のビルの地下1階、有名な居酒屋・怪獣酒場の向かいにあるタイ料理の店「チャオタイ」。地下街アゼリアと直結しているので、雨が降ってても濡れずに行ける。

前回はグリーンカレー(ゲーン・キョウワン・ガイ・レ・カオ)を食べた。

基本情報

  • 住所:川崎市川崎区駅前本町3-1 NOF川崎東口ビルB1F(Googleマップへのリンク
  • 営業時間:
    • (平日)11:30~15:00、17:00~23:00
    • (土日祝)11:30~23:00
  • 定休:無休

ランチメニュー

ランチは、

  • トムヤムクンなどのタイラーメン
  • 焼きそば
  • カオマンガイなどのご飯もの
  • タイカレー

と豊富な品ぞろえ。

税込700円から1,000円までとお手軽価格。

詳細は公式ウェブサイトから。

プーパッポンカリーではなくシーフードのパッポンカリー

最近流行ってる感のあるプーパッポンカリー(蟹と卵のカレー炒め)。

タイの人気料理「プーパッポンカリー」。

タイ語で、プー=カニ、パッ=炒める、ポン=粉、という意味があります。渡り蟹などのカニと卵を炒めたカレー風味の料理で、中華系タイ料理です。
エスニックブーム到来! 2016年はタイの「プーパッポンカリー」に注目! | アセナビ

「チャオタイ」のランチにはカニを使ったプーパッポンカリーにはないけど、鶏肉またはシーフードのパッポンカリー(ふわふわ玉子のカレー炒め)がある。

今回食べたのはシーフードのパッポンカリー。タレー・パッポンカリー・ラーカオ。税込1030円。

なお、鶏肉のパッポンカリーは税込980円。シーフードのほうがちょっと高い。

これだ!

川崎 タイ料理 チャオタイ パッポンカリー 1

付け合わせは生野菜サラダとビーフンのサラダ、スープ。

川崎 タイ料理 チャオタイ パッポンカリー 2

メインのシーフードは、イカ、アサリ、小さいエビ。加えて玉ねぎとセロリなどの野菜が入っている。メニューには「ふわふわ玉子」と書いてあるけど、玉子のフワフワ感はあまりない。

シーフードの味とスパイシーなカレーの風味が玉子で包まれ、まろやかな仕上がり。

玉ねぎ、セロリのシャキシャキの食感がいい。

セロリが嫌いな人は厳しいかもしれないが、そのほかは特にクセがなく食べやすい。日本人の舌に合うおいしさだと思う。

手軽にパッポンカリーを食べるならココ

人気のプーパッポンカリー(カニ)ではないが、チキンやシーフードのパッポンカリーが手軽に食べられるチャオタイ。

川崎駅からのアクセスも良好でオススメ。

こちらもどうぞ
スポンサーリンク
関連カテゴリー
関連コンテンツ
関連記事
post image

川崎駅すぐのタイ料理「チャオタイ」でタイカレーランチ

post image

川崎駅東口のタイ料理「チャオタイ」でパッポンカリー(チキン)

post image

川崎駅東口のタイ料理「サバイタイタイ」でグリーンカレー

post image

川崎ダイスのタイ料理「ティーヌン」でマッサマンカレー

post image

川崎区役所近くのタイ料理「イサーン酒場」でパッポンカリー

post image

川崎たちばな通り「日乃屋カレー」で独特な風味のカツカレー

post image

川崎駅東口の本格インド料理「TAJ(タージ)」でカレーランチ

post image

川崎アゼリアの老舗カレー屋「ピヨ」のチキンカツカレー